大島優子サッカー本田に肩抱かれ2ショット「オーラ感じた」

印刷

   「1年間を通じて最も輝き、ジュエリーが似合う人」に贈られる「第23回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の20代代表にAKB48の大島優子(23)が選ばれた。「驚きと、感動で胸いっぱいです」と大喜びで、武井咲(10代)、米倉涼子(30代)、檀れい(40代)、余貴美子(50代)、浅丘ルリ子(60代以上)と大物先輩と並んで、授賞式ではかなり緊張したと、式典の写真付きで報告している(11日付けブログ)。

   男性部門では俳優の佐藤浩市(51)、特別賞にサッカー・CSKAモスクワ所属の本田圭佑(25)が受賞しており、大島は「こんな機会でしか会えない!!」と、本田とツーショット写真も撮った。

   写真は本田が大島の肩を抱いた密着度の高い構図で、大島も満面の笑みで写っている。

「ジェントルマンでした」
「パワーに溢れているオーラがありました。やはり世界で活躍する人は違いますね」

と、まだ興奮気味だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中