2018年 7月 18日 (水)

「家政婦のミタ」後番組は苦しいスタート。「ダーティー・ママ!」12・7%

印刷

   最高視聴率40%を叩き出した「家政婦のミタ」(日本テレビ系水曜よる10時)の後番組としては、何かと比較されるのは避けられないが、11日(2012年1月)にスタートした永作博美主演の「ダーティー・ママ!」の初回視聴率は12・7%とかなり見劣りした。

   「アンフェア」シリーズなどで人気の秦建日子の原作ドラマで、子連れの破天荒なシングルマザー刑事(永作博美)が、事件解決に八面六臂の大活躍というコメディー。見習い女性刑事(香里奈)との掛け合いが見どころの1つだ。無表情、無感動の不気味な家政婦・松嶋菜々子とはまったく逆のキャラクターで、視聴者をそのまま引っ張っていくのはちょっと難しいということか。

   冬ドラマは原作ものとオリジナル脚本もののどちらがいま人気なのかというのも話題だが、その点でも「ダーティ・ママ!」がどこまで健闘するかは注目だ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中