2018年 7月 19日 (木)

広島・脱獄犯「黒のダウン、パンツ、ニット帽」盗んで変身

印刷

   李国林受刑者が広島刑務所から脱走してからまる2日が過ぎたが、依然として足取りがつかめないなか、刑務所から川を隔てて西に1・5キロ離れた民家に空き巣に入り、衣類を盗んでいたことが分かった。

空き巣に入り缶ビール飲んで食事

   広島県警が調べたところ、空き巣に入ったのは12日(2012年1月)午前8時50分から午後2時の間で、風呂場の格子窓を壊して侵入した跡があった。盗まれたのは、黒のダウンジャケット(ザ・ノース・フェイス製)1着、黒のトレーニングパンツ(ユニクロ製)1着、白の星型の模様の入った黒のニット帽、紙製白色マスク数枚。1階ダイニングキッチンで、缶ビールを飲んだり食事をしたりした跡もあった。缶ビールのDNA鑑定を行ったところ、李のものと一致したという。

相当な精神力

「窃盗グループのリーダー格」服役中も男たちが面会

   窃盗グループのリーダーだった李は、殺人未遂、銃刀法違反、窃盗などで懲役23年の刑を受け、服役中にグループの仲間かどうかは分からないが、数人の男が面会に訪れていたという話もある。

   中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏は、「非常に凶悪な窃盗グループの親玉で、金で結び付くと結束が強い。仲間が逃走を助ける可能性がある」と話す。元刑務官も「面会は刑務官が必ず立ち合い記録も取るが、事前に申し合わせて隠語を使ったり、合図をされるとなかなかわからない」という。

   キャスターのテリー伊藤「丸1日経っても現場近くにいるというのは、相当に精神力は強いね」

   元判事の八代英輝弁護士「東にいると見せて、実は西にいたなどかなりしたたか。黒のダウンジャケットを盗んだので黒だけ捜していると、また着替えているかもしれない」

   県警は500人体制で行方を追っているが、次は空き巣ではなく強盗に変わるかもわからない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中