ビヨンセ100万ドル出産―病院のワンフロアー借り切り防弾ドア

印刷

   1月7日(2012年)にビヨンセが長女を出産した。100万ドル以上かけてニューヨークの病院のワンフロアを借り切り、セキュリティーを張り巡らせ、病室には防弾ドアや目隠しの特殊カーテンを施すなど、出産も大物セレブらしい羽振りの良さだ。夫の音楽プロデューサー、ジェイZはさっそく女児誕生の喜びをラップに乗せたナンバー「グローリー」を発表するなどめろめろだ。

50セントさっそくからかい

   しかし、ビヨンセとジェイZに醒めた視線を送る男がいる。業界の問題児として知られるラッパーの50セントだ。自身のツイッターに、「ベイビーの誕生、祝福するぜ。最高にイカした赤ちゃんさ」とキャプション付きで、ジェイZ顔に加工された赤ちゃん写真をアップ。「赤ちゃんの写真で100万ドル払われるんだってよ。マジだぜ」と、ビヨンセとジェイZが100万ドルで娘の写真を雑誌に掲載する契約を結んだという噂を揶揄した。

   ネットでは「またやってる」「頭がおかしい......」と冷静な反応が多い。

Noriko FUJIMOTO, 翻訳家、エンタメライター

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中