米長永世棋聖 コンピューターに負け「悔し酒」

印刷

   コンピューター将棋「ボンクラーズ」と2012年1月14日に対局し、敗れた米長邦雄永世棋聖。1月15日に更新したツイッターで「負けました」と報告した。

   対局は動画配信サイトで中継されたが、米長永世棋聖はツイッターに「有料会員341,000人が観戦。無料会員を含めると100万人以上とか」と投稿、多数の視聴者がいたことを喜んだようだ。しかし勝負師としては当然、悔しかったようで、自身のウェブサイトでは敗戦後の夜、久々に酒を口にして二日酔いになったと書かれている。

   作戦についても、自身が「練りに練った」という手も「負けると奇策などと書かれる」と、悔しさをにじませていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中