浜崎あゆみ離婚「やっぱり日本離れたくない」大震災で芽生えた気持ち

印刷

   去年(2011年)の元旦の電撃結婚からわずか1年のスピード離婚だ。歌手の浜崎あゆみ(33)がオーストリア人俳優マニュエル・シュワルツ(31)との離婚をアメリカで申請することをファンクラブのサイトで16日(2112年1月)発表した。

「原因は私にあり、結婚当初に2人で決めた『アメリカで暮らす』という点について、その約二ヶ月後に起きた東日本大震災を受け、自分の中に『日本を離れたくない』という気持ちが強く芽生え、アメリカでの生活を考えられなくなってしまい――」

正月のハワイ旅行も1人…「何かあった」気付いた芸能レポーター

   司会の小倉智昭はわりあい落ち着いた受け止め方だ。「(結婚を聞いた時)難しい選択をしたなと思いましたから、ああ、こういうことになっちゃったかな、というのが率直な感想です」

早かった!

   アナウンサーの笠井信輔は驚いた様子で「去年の元日の超ビッグニュースとしてお伝えしました」と興奮気味だ。芸能デスクの前田忠明も「正直いって、驚きました。こんなに早いとは」と言う。

   小倉「正月に浜崎さん、ハワイに行っていましたが、1人でしたね」

   前田「ハワイの空港でずっと張り込んでいましたが、2人で来なかった。これはなんだろうなとみんな思っていた」

   笠井「驚いたのですが、日本では婚姻届を出していなかった。日本人なら戸籍の手続きをするのが自然な流れじゃないですか」

   小倉「マニュエルがオーストリア出身でアメリカで俳優をやっているので、あまり戸籍のことにこだわらなかったのかも知れない」

離婚で慰謝料はどうなるの?

   離婚の原因について、前田は「浜崎さんにとっては震災が大きな要因となった。たしか震災はツアー中じゃなかったか。やはり自分は日本で歌うべき、日本のファンを置き去りにできないんだという風に考え込んでいってしまった」とみる。

   笠井「オーストリア人の夫とすれば、むしろ、いまこそ日本を離れるべきなのになぜという思いになって溝が深まったというのはわかる」

   これに対し、小倉は別の見方。「彼女の結婚そのものがわりあい衝動的だったのではないか。プロモーションビデオで共演してあっという間に結婚した。その前にも恋のうわさがあったでしょ。ただ、震災があって、日本を離れる気持ちが薄れてしまったというのは、日本人の心としてはありがたい気持ちがあるんですけどね。浜崎さんの方が稼ぎが多いから、慰謝料はどうなるかなと思いましたが」

   前田「そういうのは今回一切ないと聞いています」

   とまあ、馴れ初めから慰謝料の心配まで憶測を交えながらの談議は続いた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中