空気カラカラでパソコン故障急増―指先の静電気でバチッ!

印刷

   この冬、関東地方などで寒く、乾燥した日が続いている。お肌への影響は言うまでもなく心配だが、番組によれば、さらに意外なモノが壊れる心配まであるという。

   それはパソコンだ。番組によれば、低温で乾燥すると静電気が発生しやすくなる。この静電気でパソコンの内部がショートしてしまうという。

数千~数万ボルト帯電。除去グッズや金属タッチ

   「静電気が強いシーズンは、数千~数万ボルトの静電気が指先に帯電することがある。その状態で、電源アダプターやUSBなど周辺機器を接続すると、静電気で故障する可能性がすごく高まるのかなと」(東京のパソコン修理店代表)

   実際、この店にはこの1か月ほど、静電気で故障したらしいパソコンの修理が急増しているそうな。

   こうした故障を防ぐには、パソコンを触る前に金属などに触れて、静電気を逃したり、静電気除去グッズなどを使うことが「有効とされている」そうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中