局部切り取り遺体―専門家「失楽園の阿部定事件とは違う」

印刷

   東京・昭島市でタクシー運転手(49)が16日(2012年1月)朝、局部を切断され遺体で発見された。アパート1階の洋室ベッドの上に全裸で横たわっており、首、左胸、腹に刺し傷があったほか、男性の局部が切り取られていた。切り取られた局部はベッドの下から見つかった。

   部屋は荒らされた形跡がなく、玄関の鍵もかかっていなかった。凶器とみられる包丁は隣の4畳半の和室から見つかった。遺体は死後数日たっているとみられる。

同居女性「ぶっ殺してやる!」窓よじ登って大暴れ

   男性の局部が切り取られた事件は、小説「失楽園」(渡辺淳一)のモデルとされる阿部定事件(昭和11年)が有名だが、犯罪心理に詳しい東京工業大の景山任佐教授は、「切り取った局部を持ち歩いていた阿部定事件の背景、状況と今回の事件とはイコールとは思えない」という。

   男性にいったい何があったのか。タクシー運転手だった男性は独身で、勤務態度はまじめ。欠勤もなく、客とのトラブルもなかったという。

   近所の住民の話によると、3、4年前から交際していた女性がいて、昨年末にかけた同居もしていたらしい。ただ、派手なケンカが絶えなかったようで、次のように証言する。

「女性が台所の窓をよじ登ってガラスを割ったり、ものを投げたりする音がして、男性が『警察呼んでくれ』って叫んでいたこともあった。女性が『ぶっ殺してやる』とか言って、通報で警察が何回もきていた」

男性にとって恥ずかしい殺し方で懲罰

   他殺説をとる精神科医の香山リカはこう話す。

「遺体に対して手厚くするということもない。懲罰的に攻撃してやろうとか、罰してやろう、恨みを晴らしてやろうということで、男性にとって一番恐ろしいというか、恥ずかしい行為をしたのだろう」

   荒らされた後も、誰かと争った跡もないことから、警察では自他殺両面で捜査をしている。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中