ケイティ・ペリーの両親 ラッセル・ブランドとの破局ネタに人集め

印刷

   昨年末(2011年)、人気米歌手のケイティ・ペリーと英国人コメディー俳優ラッセル・ブランドの破局が報じられたが、ゴールデングローブ賞授賞式出席のためロサンゼルスを訪れたラッセルとケイティとの話し合いの場が持たれるようだ。ケティはまだラッセルに気持ちが残っているといわれるだけに、話し合いによっては復縁か見られたが、それはなさそう。

教会運営し反ユダヤ説教で謝罪と人騒がせなパパとママ

   お騒がせなのは、教会を運営しているケイティの両親だ。娘の離婚報道後、反ユダヤ的な説教を行って謝罪したり、ケイティを伝導のネタにして人を集めているという非難されたりと賑やかだ。もともと両親は教会育ちの娘ケイティの相手が、不良のイメージが付きまとうラッセルだったことに不満を持っていたとも言われる。

   ケイティはピープルズチョイス賞で5冠を達成したものの、破局の影響で授賞式への出席はキャンセル。髪の毛を奇抜なブルーに染め、米国の星条旗模様のジャケットを着て、ファンとツーショット写真に納まる姿がネット上にアップされたりした。星条旗って英国人ラッセルへの当てつけか。

Noriko FUJIMOTO, 翻訳家、エンタメライター

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中