乗客置き去りイタリア船長―日本では最後まで残る義務なし

印刷

   「船に戻れ!」。イタリアの大型豪華クルーズ船事故で、乗員乗客の避難中に船を離れた船長と、船に戻って救助にあたるよう要求する沿岸警備隊との交信音声などが番組で流れ、司会のみのもんたは「やりとり聞いてると、ひどいねこの船長」と憤慨する。

   ただ、番組コメンテイターの若狭勝弁護士によれば、こうした行為に道義上の問題はあっても、法的責任となると、なかなか微妙なところのようだ。

船員法では刑事罰対象にならず

   なんでも、イタリアの法律ではこの船長が処罰される可能性はあるらしいのだが、日本では、船長の脱出自体は刑事罰の対象ではないという。かつての船員法では、船長は一番最後まで船に残ることが求められ、違反すれば罰則があったらしいが、現在はそうした規定はないという。

微妙なところ

   もっとも、業務を怠ったことによって乗員乗客を死なせたとすれば、業務上過失致死などの罪に問われることはあるという。

   それを聞いて、みのは「だとしたらこの船長、そんなに責められない?」とトーンダウンしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中