センター試験「3462人再受験」そもそも共通テスト必要か!?

印刷

   長く尾を引く大学入試センター試験問題、いや問題の問題。配布ミスで3462人が再試験といったニュースが伝えられると、センター試験にすっかり嫌気が差した感じのみのもんたは「センター試験とかなんとか、やめるってのは駄目なんですか?」と渋面つくって、コメンテイター陣に問いかける。

説得力いまひとつの「フィギュアスケート・ショートプログラム論」

   金井辰樹東京新聞・中日新聞政治部デスクは、センター試験の前身である共通一次が「非常に単純明快なシステムだった」とし、「その後に改良したのはいいけど、複雑になってしまって、それだと共通テストとしてやる意味があるのか、と疑問なところまで来ているのでは」と解説する。

各大学でいいじゃん

   「だいたい、なんで共通テストをやんなきゃいけないんですか。各大学でいいじゃん」。みのはそもそも共通テスト不要だ論である。

   しかし金井は、「全国何十万人という受験生がいて、フィギュアでいえばショートプログラムのように、まず基本的なものを見て、二次で個別に必要な試験をする。そのバランスは悪くなかった」と共通テスト制度には一定の評価をしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中