日本一の酷寒「北海道・陸別」ビールは温蔵庫、仔牛も防寒服

印刷

   「ついこの間まで東京行っていたの、東京暖かかったね」「ジャンパーいらなかった」―日本一寒い北海道・陸別町の元気な子どもたちに声だ。先週の12日(2012年)に氷点下29・1度を記録して以来、8日連続で全国一の低温記録が続いている。永原一郎ディレクターが極寒体験に出かけた。

12日のマイナス29・1度以来、連続低温記録

   面積600平方キロの町に2690人の町民が暮らしている。永原が1日で最も気温が下がる午前7時(17日)の気温を測ると、氷点下28度。まさに酷寒の世界だ。ひと気のない町を行くと、犬の散歩を毎日させている男性に出合った。男性も「こんなに寒いのは珍しい」という。

ちょっと行ってみたい
ちょっと行ってみたい

   濡らしたタオルを振り回すと14秒でコチコチになり、湯を注いだカップラーメンの麺を箸で持ち上げて20分間置くと、食品サンプルのように固まる。卵を割ってフライパンに入れると、瞬時に卵白が凍って白くなった。

   こんな厳しい寒さの中で住民はどんな暮らしをしているのか。スーパーに立ち寄ると、売り物のビールを出しておくと凍ってしまうので、冷蔵庫ではなく温風ヒーターの入った「温蔵室」に入れて保管するという。室外の自動販売機の清涼飲料も取り出して、店内で直接販売しているという。

   道路で作業をしている消防隊員の姿があった。30か所ある防火水槽の水が1夜で3センチほど厚さに凍ってしまい、早朝に氷を割るのが日課という。牛舎に行くと、生まれたばかりの仔牛4頭が服を着ていた。生後2か月までは服を着せ、ヒーターを入れて寒さから守ってやるのだ。

   登校中の小学生のグループに聞いてみる。

   「寒くない?」

   「今日は暖かいよ」

「耐寒テスト」もあるフェスティバルに若者人気

   陸別町の金澤紘一町長は「陸別町は寒さとの闘いの歴史。これからは寒さをバックに町づくりの核にしていく」という。核の1つが2月4、5日に行われる「しばれフェスティバル」。今年(2012年)で31回目になるイベントで、「バルーンマンション」と呼ぶ氷でできたかまくらの中で1夜を過ごす耐寒テストもある。「当初、寒さを売り物にしないでくれ、嫁さこなくなると反対されたが、いまは全国から若い人が来てくれる」(金澤町長)と胸を張る。

   司会の加藤浩次「僕は北海道小樽出身ですけど、氷点下20度以下の世界は知らないですね。すごいですよ」

   「でも、この町にちょっと行ってみたいですね」というキャスターのテリー伊藤に、日本一寒い暮らしを体験してもらう企画が持ち上がっている。家財道具一式揃って1日2500円(光熱費、水道代込)。6日~30日間体験できる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中