2つの放火殺人が繋がった!山形と江東区ともに被害者の息子が関係

印刷

   まったく別々に起きた東京都江東区の放火殺人と、おととし10月(2010年)に山形で起きた放火殺人がつながっていた。2つの事件の犯人は同じで、被害者の息子たちが関係していた。まるでミステリー小説やドラマのような話だ。

犯人夫婦から逃げ出したとたんに実家で火事

   田中良幸リポーターが最初に起きた山形県山形市からレポートする。「被害に遭われた山家武義さん夫婦が住んでいた住宅は完全に取り壊され、今は空き地になっています」。岸本哲也リポーター江東区の放火殺人事件で逮捕された無職、浅山克己容疑者(46)の名古屋にある自宅周辺に出かけ、「家は古いですが、ガレージには1000万円は下らない高級外車がとめられています。派手なピンクの自転車も2台あります」と派手な暮らしぶりを伝えた。

大の大人がなぜ?

   山形の放火殺人は、浅山と同居していた被害者夫婦の長男が逃げ出した直後に起きた。江東区の事件でも、被害者の大塚達子さんの40代長男が浅山夫婦と名古屋市内で同居。「(長男が)逃げ出したので、浅山容疑者は大塚さん宅に押しかけましたが、長男の居場所を教えない大塚さんを恨み、火災に見せかけて殺害したようです」と岸本は伝えた。

ストーカー行為の被害届

   ピーコ(ファッションジャーナリスト・コラムニスト)「40代の大人が46歳の男になぜ操縦されるようになってしまったのだろう」

   ショーン川上(経営コンサルタント)「恨みやつらみですぐに犯罪に走る事件が増えているように思う。この事件はその典型でしょう」

   メインキャスターの小倉智昭は「大塚さんの長男からは、浅山容疑者のストーカー行為に対して被害届けが出ていたといいます。男女関係のもつれから、ストーカーに走るというなら分かるが、男が男をストーカーするというのは信じられない。しかも、その恨みを親に向けるとはあり得ないことだ」と話す。保険金がらみのようにも見えるが、まだまだなぞの多い事件だ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中