ワイドショーが唖然としたイタリア豪華客船トンデモ船長

印刷

<今週のワイドショー通信簿>13日(2012年1月)に起きたイタリア客船の座礁・転覆事故で世界が驚いたのは、船の豪華さとそこに乗っていた船長の無責任ぶりだった。乗客が逃げ惑っている最中に船長は真っ先に船を捨てて逃げ出し、沿岸警備隊隊長に「船に戻れ。乗客を救助しろ」と命じられても拒否して、携帯電話で母親に無事の連絡をしていたというのだからちょっと考えられない。

   ワイドショーも「船から何の連絡もなかった」(フジテレビ系「とくダネ!」)、「船内はタイタニックのパニック」(日本テレビ系「スッキリ!!」)と恐怖の体験をした日本人乗客の声を伝え、「トンズラ船長『船に戻れ』の指示無視してマンマに電話」(テレビ朝日系「モーニングバード」)と呆れた。

   1912年に氷山と衝突して沈没した「タイタニック」になぞらえるコメントも多かったが、タイタニック遭難では船主会社の社長はいち早く救命ボートに乗り込んで逃げ出したが、船長は船とともに運命をともにした。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中