2018年 7月 23日 (月)

マドンナのゴールデングローブ受賞に毒づくエルトン・ジョン

印刷

   ゴールデングローブ賞授賞式でマドンナの勝利の微笑みが印象的だった。自身が監督もした映画「W.E.」の主題歌「マスターピース」で最優秀主題歌賞を獲得した。マドンナの名前が読み上げられると、口を固く閉じ悔しそうに顔を引きつらせるエルトン・ジョンをカメラが捕えた。授賞式前のインタビューでジョンは「マドンナに受賞のチャンスなんてあるわけないじゃない」と自信満々で語り、これにマドンナが「エルトンはドレスでも着ていたのかしら?」とやり返していた。

長年の因縁

   受賞発表直後、エルトンの夫、デビッド・ファーニッシはフェイスブックに、「マドンナが選ばれるなんて、この賞が価値のないものだとよく分かった。マドンナの受賞スピーチもナルシズムに満ちていて最悪だった」と散々書き募った。

   マドンナとエルトンの仲の悪さは今に始まったことではない。マドンナが最優秀ライブパフォーマンス賞を受賞したときも、エルトンは「マドンナが最優秀ライブだって! ファックオフ! あの口パクがライブなのかい」と毒づいていた。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中