2018年 5月 27日 (日)

超高額宝くじ登場か!1等前後賞合わせて10億円

印刷

   宝くじの一等賞金の上限が引き上げられ、前後賞あわせて10億円超えも登場しそうな気配で、「一晩でミリオネアどころか、ビリオネアになれるかも」(加藤)という夢のようなニュースが伝えられると、「これは夢があるね」とみのもんた。

3億円程度じゃホントの「夢」じゃない?

   みのは「前後賞あわせて3億円なんて、そんなんじゃダメよ」「夢があるよ。10億円でしょ、買うよ」などと、大乗り気であった。「夢がふくらみますよねー」と加藤シルビアアナも言う。

夢がある

   なぜか「夢」は宝くじの枕詞。「夢の3億円」云々などというと、夢の大安売りか悪酔いのようだ。もっとも、運任せであり、ワリも悪い(低い)ギャンブルだから、○億円なんて夢まぼろしだという意味では、言い得てる表現なのかもしれない。

   なんにしろ、お寒い財政状況のなか、お上が公営ギャンブルで庶民の射幸心を煽り、少しでも実入りを上げようということなら、最高に夢と希望にあふれたお話と言えそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中