徳光和夫が大嫌いな女優「実名発表」と言いながらピーとイニシャル

印刷

「私の嫌いな芸能人ズバリ実名で発表するぞSP2」(日本テレビ)2012年1月16日21時~

   昨年7月に第1弾が放送されたときも下種な番組だなとつくづく思ったが、第2弾が放送されるということはそこそこ人気があったのだろうか。ようするに、芸能人が嫌いな芸能人の名前を実名で挙げるだけの番組だ。
   しかし、実名で発表しますと言っておきながら、渡辺直美の嫌いな女子アナK、JOYの嫌いな俳優M、ノブシコブシ吉村の嫌いな女優Rというように、本当にマズい人は実名ではなくイニシャル、例のピー音も多用され、見ていてイライラすること多々あり。その証拠に、番組放送終了後、「○○さんが嫌いなイニシャル○の人は誰ですか」というような質問がネットのあちらこちらに飛びかっていた。
   視聴者をイライラさせるとはけしからん番組だ。スペシャルゲストとして登場した徳光和夫までが、かつて司会をしていた「世界ウルルン滞在記」で、まるでやる気のなかった女優Nが嫌いだなどと言い出す始末。
   もうひとりのスペシャルゲスト記者として登場していた小林麻耶は、とくに記者的なことをするわけでもなく、ただVTRを見てキャハハキャハハとぶりっこ笑いをしてみせるだけだった。日本一ギャラの高い笑い屋だと思ったら、番組の最後に、最近出した本の宣伝をちゃっかりして、どうやらこれが目的だったようだ。ところがこんな番組が、この日スタートの月9「ラッキーセブン」の視聴率16.3%を超え、18.3%もあったというから驚く。世も末だ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中