「平清盛はいい映像」広島知事、兵庫知事のイチャモンに異論

印刷

   「画面が汚い」などNHK大河ドラマ「平清盛」を批判した井戸敏三・兵庫県知事はまだ腹の虫が治まらないのか、今度は「瀬戸内海に船が浮かぶ場面で、真っ青な海の色が出ていない。瀬戸内海の自然をきちっと映し出して欲しい」とイチャモンをつけた。これに広島県の湯崎英彦知事が異論を唱えた。

「瀬戸内海の海は青くない。緑色、翡翠(ひすい)色だと思う。それが瀬戸内海の美しさなので、青じゃなくてもいい。(大河ドラマは)政治家や起業家、あるいは革命家としての人間の部分に評価をあてたドラマだと思う」

   湯崎知事はこれまでも「今風のリアリズムを追求した感じの映像で良かった」と評価していた。厳島神社や「音戸の瀬戸」など清盛ゆかりの観光名所がある広島県も大河ドラマに合わせた観光キャンペーンを展開しているが、兵庫県よりPR上手といったところか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中