消費増税ホントは何%?10%じゃ足りないからもう6%だなんて!

印刷

   1月24日(2012年)に開会した通常国会は消費増税が焦点だが、話し合いを拒み続ける野党を前に、野田首相が施政方針演説で賭けに出た。過去の福田首相、麻生首相の演説を引用して、「(自民党と)目指すものは同じだ」と事前協議入りを促したのだ。うじうじした政局よりはガチンコの方が有権者には面白いが…。

自民党首相の演説引用した正面突破作戦

   野田はまず「重要課題を先送りしてきた『決められない政治』からの脱却」「政局ではなく大局を見据えよう」と呼びかけ、「与野党がよく話し合い、国政を動かしていくことこそ政治の責任だ」と述べた。ここでこう付け加えた。「これは4年前、福田総理の施政方針演説の一節です」。続いて、「給付に見合った負担が必要です」。これも3年前の麻生元首相の演説だった。そして、「歴代首相は持続可能な社会保障改革を訴えてこられた。私が目指すものも同じです」とやった。

足りないのは自助努力

   引用された麻生は「わさびが効いてないお寿司」。福田は、「いいことを 言ったね、ボクも。でも、あの頃を思い出すとね、(民主党は)むちゃくちゃにひどかった」。当時野党だった民主党はそれらにことごとく反対してきた。野田も2009年の総選挙で「マニフェストに書いてあることをやらないで、書いてないことをやってる」と消費増税を批判していた。これが動画サイトのYouTubeに流れて、現在言ってることと逆だと攻撃されている。まさにブーメラン。

   当然、野党の反応もきついものになった。自民党の谷垣総裁は「白々した気持ちだ。事前協議 に応じるつもりはない」。公明党の山口代表も「自らを顧みる姿勢が足らない」とにべもない。

   そこを敢えて野田は切り込んだわけだ。この手法は首相自身のアイデアだという。その意図は何か。状況をはっきりさせることで、野党を揺さぶり、解散を視野に入れれば、正面突破作戦といえないこともない。ただ、民主党内がそれについてくるか。岡田副総理は「野党時代にやったことでは、われわれもいろいろ反省はある。まあ これでそれぞれが与党野党経験したわけだから、そろそろお互い国民の立場に立って、しっかり前に動かすことを考えないといけない」と、珍しく笑いながら、いささか余裕の表情だった。

「足らない足らない」の刷り込み効果狙い?

   だが、財政状況は厳しい。当面は2015年10月までに消費税10%が目標だが、内閣府は昨日24日、増税しても2020年には16兆円の赤字という試算を出した。これは消費税換算で6%になるという。消費税増税には国民もある程度理解を示してはいるが、さらなる増税となると話は違ってくる。首相の強気を国民がどう受け止めるか、政治状況も読めない。まさに賭けだ。

   司会の羽鳥慎一「前の総理の発言を引くなんてなかったこと。いろんな思いがあったんでしょう」

   田畑正(テレビ朝日報道局部長)「政局より大局というメッセージは伝わった」

   ただ、増税してもまだ足らないというメッセージも出た。

   赤江珠緒キャスター「内閣府の発表は総理もわかっているでしょうか」

   田畑「了解しての発表でしょう」

   東ちづる(俳優)「足らない足らないと、なんか刷り込みをされてるような。家計だとやりくりするわけだけど、国は自助努力が足りないんじゃないの。慣らされちゃいけない」

   羽鳥「われわれは簡単に借金できないが、国は国債発行です」

   宇治原史規(タレント)「政策にかかる費用の足し算が合ってるのかどうか」

   羽鳥「次の選挙より次の世代を考えないといけない」

   それにはやはり選挙で答えを出さないといけない。野田の投げたボールを受け取るのはわれわれだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中