「KEIKOの病院で仮歌録った」小室哲哉新曲エピソード

印刷

   小室哲哉が2月22日(2012年)にリリースされる「AAA」の新曲「SAILING」の制作裏話を1月26日のツイッターで語った。作曲の締め切りがちょうど妻・KEIKOの入院と重なったためスタジオに行くことができず、病院で「仮歌」を録音したという。

「病院のラウンジにあるロッカーを借りて、僕は仮歌を録ったな。Mac ProとiPhone2台で」

   このエピソードに、ツイッター上では「ロッカーの中に入って仮歌をレコーディングしたってことですか? iPhoneをマイク代わりにして?」「その作曲時の状況と集中力と複雑な思いの中できた新曲、届いたら大事に聴かないと」など、たくさんのリツイートが続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中