「安倍晴明」勝手にグッズ売るな!神社と土産物店が呪いあい

印刷

   神社と土産物店とどちらの言い分に分があるのか。パワースポットとして人気という平安時代の陰陽師、安倍晴明を祭る京都の晴明神社が、参拝客を巻き込んでケンカしている相手は、隣りでちゃっかり「超強運を招くオリジナル陰陽師グッズ」の看板を掲げて晴明グッズを販売している土産物店だ。

グッズ持っての参拝お断り

   土産物店はもとは西陣織のネクタイの製造販売が家業だったが、10年前に陰陽師のシンボル、五芒星をモチーフにした晴明グッズの土産物店に衣替えした。これに対して、昨年(2011年)8月、晴明神社側が「神を冒涜している」としてグッズ販売の中止を申し入れた。しかし、店側もタナボタ式の利益を簡単に手放すわけにはいかない。

人格的な権利

   そこで神社側が繰り出した奥の手が、参拝客向けのこんな看板だった。「陰陽師グッズは神社とは無関係」「陰陽師グッズ、開運グッズ等を持っての参拝はご遠慮ください」

   宮司の言い分は「祭神である安倍晴明公を呼び捨てにしたり、3等身のキャラクターにして販売したり、『強運』『開運』『護符』という表現の占いマシンもある。冒涜と言わざるをえないと思う」

   土産物店を経営する社長は「神社を盛り上げるというか、寄与できるように考えている。キャラクターにしても何にしても、楽しく販売できるというつもりで商品を開発している。ご利益があると書いているわけではない。見解の相違だ」と反論する。

「神社は営業妨害」「いや、損害賠償できる」弁護士の見解も真っ二つ

   どちらの言い分に分があるのか。

   「スッキリ!!」コメンテーターの菊池幸夫弁護士は、「宗教は普遍的なもので、独占的に使用できるものではないので、販売中止の要求は難しい。神社側の看板は営業妨害の可能性がある」と店側に立つ。

   一方、紀藤正樹弁護士は「神社側の『人格的な権利』を侵害してる可能性がある。(店側の販売)差し止めないし損害賠償が認められる可能性がある。看板の文言にしても、攻撃的でないため営業妨害とは認められない可能性が高い」と神社側の主張を支持する。

   ザックバランな意見は勝谷誠彦(コラムニスト)「2人は祇園かなんかでケンカしたんじゃないの。バカじゃないかと思う」。

   さて、安倍晴明の占いはどちらに……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中