正蔵、美どり姿見せない海老名家の「団欒」…実は揉めてたりして!?

印刷

「昭和の浅草スペシャル ビートたけしが海老名さん家にやって来た!」(TBS)2012年1月25日19時~

   2代目林家三平と女優の国分佐智子が結婚したのは昨年10月のこと。ちょうど同じ頃に始まった番組が「海老名さん家のちゃぶ台」で、ねぎし三平堂から放送している。三平&佐智子夫妻と、三平の母、海老名香葉子が出演し、ほかに駒田健吾アナ、ユージが進行役でいる。
   急ごしらえの番組のようで、新婚生活に必要な家電製品を大型家電量販店に買いに行っていたかと思うと、IKKOをゲストに招き、その壮絶人生を振り返るというような「金スマ」もどきのことをするなど内容もまちまち。今回はビートたけしをゲストに招いてのスペシャル。初代三平に可愛がれ、よく遊びに来ていたというたけし。ケーシー高峰やWコロン、林家ペー・パー子といったゆかりの芸人たちとともに、浅草時代の思い出話に花を咲かせるなど、まったりとした2時間だった。
   ところでこの番組、「日本が元気だった頃、ちゃぶ台の周りにはいつも家族が集まり、笑顔があふれていました」ということで、「『大家族』『下町』の象徴である海老名家」にスポットを当てたというのだが、長女美どり、長男正蔵がいっこうに出てこないのが気になる(ちなみにもうひとりの姉、お騒がせ泰葉は、この日、途中から登場し、「もう頭は治りました」としおらしくしていた)。リアルな「海老名家」はどうなっているのか。実はもめていたりするのでは、などと余計なことを考えてしまうのも番組がつまらないせいだ。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中