ビヨンセ研究する大学講座開設!名門アイビーリーグのニュージャージー州立大

印刷

   長女ブルー・アイビーちゃんを出産して、今やトップアーティストとして、女として、そして母親としても輝いているビヨンセが、今度はビヨンセを学ぶ大学講座が開かれることになった。米国ニュージャージー州立のラトガース大学で、1766年設立で、米国で12番目に古い歴史を持つアイヴィーリーグといわれる名門大学のひとつだ。

ラトガース大ウイメンズ・ジェンダー学科

   そのラトガース大ウイメンズ・ジェンダー学科で、ビヨンセの社会的、文化的影響やその存在意義を学ぶ講座が近く開かれる。ビヨンセの音楽を聴いたり、ミュージックビデオを観たりだけでなく、もっとアカデミックにビヨンセ現象を研究し論じようというのだ。

   実は、米国にはこうした講座は少なくない。クリントン元大統領も学んだというジョージタウン大学の社会学科には、ビヨンセの夫のジェイZを学ぶ講座すでにあるという。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中