2018年 7月 19日 (木)

増えているマイカー「ドライブレコーダー」事故った時の処理迅速

印刷

   防犯対策や事故の検証に役立つドライブレコーダーを、タクシーだけでなくマイカーにも普及させる動きが広がっている。一般ドライバーにどんな利点があるのか。事故の目撃者がいない場合、警察による事故原因究明の客観的な判断材料になり、事故原因究明が迅速に進むという。

1台9000~3万円

   ドライブレコーダーには2種類ある。防犯対策のために車内の様子を映すものと、車の前方の様子を記録するものだ。すでに全国のタクシーの26%に設置されており、2タイプ両方を設置しているタクシー会社もある。タクシー強盗が減少傾向にあのも、ドライブレコーダーの設置が役に立っているようだ。

自分のため

   一般の車にも普及させようというのは、前方の様子を記録するタイプ。JAFの機関誌「JAFMATE」が3年前から一般のドライバー向けに販売しているタイプは、前方120度の範囲が撮影可能で、一定の衝撃がかかるとその前後10秒の映像記録が残る仕組みという。トヨタ自動車でも4年前からオプションによるドライブレコーダーの設置を始めている。値段は9000円から3万円程度とさほど高くはない。

   キャスターのテリー伊藤「これすごくいいと思いますよ。事故でトラブルになった時に警察のいい判断材料になるし」

   司会の加藤浩次「自分のために付けるということですね」

   全国の交通事故件数は2002年に100万件近かったのが、昨年(2011年)は69万件に減っている。年々減少しているとはいえ、事故の加害者になれば罰則も受ける。安全運転の意識向上につながれば安いものだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中