2019年 6月 17日 (月)

明治乳業「R-1ヨーグルト生産追いつかない!」インフルエンザ予防

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   今年のインフルエンザ流行レベルマップ(2012年1月25日)を見ると、中部・北陸、四国南部あたりが高く、九州西部は比較的少ない。とくに佐賀県有田で発症ゼロの小学校が話題になっている。

毎日飲んでる佐賀・有田町立小学校は発症ゼロ

   焼き物の町、有田町立曲川小学校は全校生283人で、目下、インフルエンザ発症者はゼロ。平成21年には学級閉鎖が相次ぎ、曲川小でも4クラスが閉鎖された。そこで町はおととし9月から半年間、有田町立病院の院長の勧めで、「R-1」というヨーグルト(112ミリグラム)を毎日1本ずつ全幼稚園、保育園、小学校の児童・生徒2468人に飲ませた「民間企業と協力して」というから、メーカーの提供だったのだろう。これと並行してイン フルエンザの発生率を調べたところ、隣接の伊万里町9.74%、武雄市10.48%、 県平均4.37%に対して、有田町は0.64%ときわめて低かった。

知ってました?

   有田病院によると、R-1は最近発見された乳酸菌の一種で、院長は「予測よりはるかによかった。乳酸菌は消化器にいいことはわかっていたが、呼吸器にもいいことがわかったのは大きい」と話す。まだ医学的に効果が実証されたわけではないが、数字の衝撃は大きかった。

   スーパーの売り場は空っぽ。いつ入荷するかわからない。ネットでも売り切れ。メーカーの明治乳業はこれまでの5倍の売り上げだという。他の製品のラインを止めてR-1の生産に当たっているが、とても追いつかない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中