2018年 7月 23日 (月)

「歩くレーダー男」体張った飛行機・高速列車・クルマ速度測定

印刷

   動画サイトYouTube(ユーチューブ)一のお騒がせ男、レミ・ガイヤールの新作イタズラ動画が約680万回の再生を記録(2012年1月31日現在)して、結構な人気となっている。

   ユーチューブで数々のヒット作を飛ばしてきた彼は今回、「歩くレーダー」に変身した。速度測定機械のかぶりモノから足だけ出して、夜の道路のかたわらに立つ。通り過ぎるクルマの動きを追い、フラッシュでパチリ。

パトカー撮影して御用

   肉体派いたずらスターのガイヤールにしてはアクションが少なめで、時間もショートな作品となっているが、飛行場で着陸してくる小型飛行機のすぐ脇に立って撮影したり、畑の大型トラクターを写したり、高速列車が通過するギリギリのところでパチリ(警笛が聞こえる)とやったり、もっぱら危険を伴う撮影となっている(※絶対に真似しないでください)。

   最後はパトカーを撮影して、御用に。これももうお約束の展開だが、読者からは「今回はいったいなんの罪になるの?」といった疑問も寄せられている。

   これに対して、フラッシュで撮影するなどでドライバーを惑わすのは問題だとの意見もある。警察で取り調べを受けたガイヤールがこの件で起訴された――かどうかを読者の方はもしかしたら知りたいかもしれないが、残念なことに当探偵社では目下調査中だ。

ボンド柳生

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中