レミオロメン活動休止「僕の中ではまだ終わっていません」(藤巻亮太)

印刷

   「粉雪」などの曲で知られるロックバンド・レミオロメンが、2012年2月1日に公式サイトで活動休止を発表した。

   理由について、ベース・コーラス担当の前田啓介は「自分としては今の自分が出来る事、出来ない事を真正面から受け止め 自分の身丈をもう一度確認して音楽に向かい合って行きたい気持ちから 一度整理をつける為にも誠に勝手ながら活動休止を選択させていただきました」、ドラム・コーラス担当の神宮司治は「一昨年の全国ツアーが終わってから『ゆっくり休みながら各々やりたい事をしてみようか』という話になりました。昨年からメンバーそれぞれが活動していく中で、僕自身も一個人として、ドラマーとして、様々な事に挑戦していこうと動き始めました」としている。

   ボーカル&ギターの藤巻亮太は「活動休止ですが、僕の中ではまだこのストーリーは終わっていません。レミオロメンとして次に鳴らすべき音に3人が向き合えるまではお休みさせて頂きます。応援して頂いた皆様にはこれから3人が各々の活動を通してその音楽で感謝の気持ちが示せればと思っております」と語った。

   なお、今後の3人の活動としては、藤巻がソロデビュー、前田がベーシストやプロデュース業、神宮司がドラマーだけでなく様々な活動に挑戦するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中