ラサール石井の「年の差新妻」が萌える老眼鏡と加齢臭

印刷

   「ニュースアップ」コーナーの小松靖アナが「今日はさまざまな愛の形を考えていきたいと思います」と話し始めた途端、立花胡桃(タレント)が「気持ち悪い」とまぜっ返した。出てきた「愛の形」がラサール石井(56)。テレビ番組で結婚していたことを報告したが、話題は歳の差だった。

薬学部の現役学生24歳

   ラサールの結婚相手は娘より若い24歳。薬学部の現役学生だという。芸能界では歳の差婚が続いているが、今回は32歳差。どんな人なのか。「バラエティーとか一切見ない。2ちゃんねるとかニコ動を愛する若干オタク的な人なんです。こないだオーストラリアにさんまさんと一緒に行って、坂東(英二)さんも(間)寛平さんもコロッケも知らなかった」という。

う~ん、ちょっとねえ

   結婚したいきさつは、「とにかくものすごく寂しくて。このまま一人で死んでいくんじゃないかと思って、そう思うとなんか…」と話す。昨年9月(2011年)に友人を通じて知り合い、4か月後のスピード結婚だ。プロポースは早かったといい、「ずっと一緒にいたいんだけど、 確実に先に死ぬけどいいですかと。『私が幸せにします』と言っていただきました」

   身長は168センチのスリム。誰に似てるかと聞かれて、「この人というのはいない。強いていえば小池栄子さんをたれ目にしたみたいな」

   元コント赤信号の小宮孝泰は「落語をやっている時、会場にふさわしくないような妙齢の女性がいて、ひときわ目立った。和服で。そっちの商売かと思ったが、そうじゃないんですね。薬学部ですからね、いろんな元気になる薬を飲まされるんですね」と笑っていた。

オヤジと若い女性の組み合わせ「決め手は経済力」

   街の声も、中年男性は「いいですねぇ」と言いながらも、自分の娘のことを考えると否定的。逆に若い女性は、「(年の差婚)ありです」「年上が好き」「お父さんが二人いるみたいな」なんていう調子である。

   司会の羽鳥慎一が赤江珠緒キャスターに「32歳違うと…」と振ると、赤江は「69の方になりますね。うーん、ちょっと…」(爆笑)

   彼女の好みというのが面白い。好きなタイプが児玉清、ニコラス・ケイジ、犬塚弘。小松は「ダンディー、ハンサムばかりですが、石井さんとは違うんじゃないか」

   立花は「芸能人だからですよ。32歳差でしょう。親が許さない。どこの馬の骨かわかんないやつを、みたいな」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「心理学の研究があって、年のいった男性と若い女性の組み合わせはアマゾンの山奥から現代まで普通にある。決め手は経済力なんです」

   松尾貴史(タレント)「玉川さんがそういうの研究してると知らなかった」

   羽鳥「松尾さんだと19歳。玉川さんは16歳。ボクは経済力がありません」

   小松がミセス石井が好きなことを並べた。ひとつは老眼鏡をかける瞬間、もうひとつが加齢臭。

   赤江も「いい歳を重ねている深みのある方はいいかもしれない」

   羽鳥「たまたま年齢がということでね…」

   やっぱり玉川説が正しいのかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中