日テレ「ZIP」人気旅犬ZIPPEI声帯除去されていた!

印刷

   日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP」(月~金曜あさ5時50分)で人気の旅犬「ZIPPEI」(じっぺい)兄弟が、声帯除去の手術を受けていた。2頭は「スマイルキャラバン」コーナーのペットとして全国を回り、各地で人々とふれあう様子が人気となっている。

   吠えるしぐさをするのに鳴き声がほとんど聞こえないことから、ネットや日本動物愛護協会あてメール、愛犬家の間で「声帯を除去されているのではないか」という指摘が相次いでいた。これについて、日テレは声帯除去手術を受けていることを認めたうえで、こう説明している。

「手術を受けたのは、昨年(2011年)5月に番組に出る前で、声帯除去手術を番組起用の条件にしたわけではありません」

   ZIPPEI兄弟はロシア・シベリアが原産のサモエドという犬種で、真っ白なふさふさした毛に「サモエドスマイル」という微笑んでいるような口元で親しまれている。2008年4月7日生まれの3歳だ。

   声帯除去手術はムダ吠えに悩む飼い主が受けさせる。声帯を縮めて鳴き声を小さくしたり、声を出さなくする手術で、吠えなくなるわけではない。犬はかすれたヒューヒューという声吠え続ける。アメリカでは広く行われているが、日本では「かわいそう」「不自然だ」という飼い主が多くあまり行われない。

   それでなくても、毎週のように自動車や飛行機に乗せられ、撮影ライトを浴びせられて多くの人に取り囲まれるのは、犬にとっては相当なストレスのはずで、声まで出せないというのは可哀想すぎないか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中