「節分」大豆押しのけ落花生で豆まき拡大中

印刷

   節分の今朝(2012年2月3日)、「みなさん、大豆を投げるか、はたまた落花生を投げるか」と井上貴博アナが問いかけた。節分の豆まきといえば大豆をぱらぱらと投げるイメージがあるかもしれないが、いまや落花生も一大勢力なんだそうな。

殻付きだから拾って食べられるし片付け簡単

   北海道開拓記念館の池田貴夫学芸員の調査によると、北海道、東北地方では豆まきに落花生を顕著に利用しており、なんでも北海道では昭和20年ごろから、落花生をまく家庭が増えてきたという。

   もっとも、番組コメンテイター陣は「落花生を投げるなんて、聞いたこともないです」(吉川美代子TBS解説委員)など、「大豆」派ばかり。

   なぜ落花生が選ばれるようになってきたのか。殻があるので、拾って食べることができる。大豆にくらべてやわらかく、小さな子どもなども食べられる。大きいので、大豆のようにあちこちに散乱することがなく、片付けやすいなど、大豆よりも実用的なためではないかという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中