2018年 7月 19日 (木)

「節分」大豆押しのけ落花生で豆まき拡大中

印刷

   節分の今朝(2012年2月3日)、「みなさん、大豆を投げるか、はたまた落花生を投げるか」と井上貴博アナが問いかけた。節分の豆まきといえば大豆をぱらぱらと投げるイメージがあるかもしれないが、いまや落花生も一大勢力なんだそうな。

殻付きだから拾って食べられるし片付け簡単

   北海道開拓記念館の池田貴夫学芸員の調査によると、北海道、東北地方では豆まきに落花生を顕著に利用しており、なんでも北海道では昭和20年ごろから、落花生をまく家庭が増えてきたという。

   もっとも、番組コメンテイター陣は「落花生を投げるなんて、聞いたこともないです」(吉川美代子TBS解説委員)など、「大豆」派ばかり。

   なぜ落花生が選ばれるようになってきたのか。殻があるので、拾って食べることができる。大豆にくらべてやわらかく、小さな子どもなども食べられる。大きいので、大豆のようにあちこちに散乱することがなく、片付けやすいなど、大豆よりも実用的なためではないかという。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中