ロンドン五輪「金最有力」トランポリン伊藤正樹にMAKIDAI「これを聴け」

印刷

   新人アナの山本裕之が「ロンドン五輪スッキリ!!応援団ッス」コーナーで、メダル有力候補と見られているトランポリンの伊藤正樹(23)に迫った。これまでの実績を見ると、全日本選手権3連覇、2009年、11年には世界ランキング1位、昨年(2011年)の世界選手権で銅メダルを獲得してロンドン五輪の切符を手にした。

高さ8メートル滞空時間18秒の世界唯一のジャンプ

   伊藤はトランポリン競技についてこういう。

自信満々
「スポーツでありながら、一種のエンターテイメントじゃないですけど、観客を魅了することができるスポーツの一つじゃないですか…」

   伊藤の得意技は滞空時間。トランポリンは空中で10種類の技を連続して行う競技だが、基本姿勢は膝を伸ばす「エビ型」、膝を抱え込む「抱え型」、体を伸ばす「伸び型」の3つ。この姿勢に回転やひねりを加え、難易点や演技点、昨年から新たに採用された時間点を競う。

   伊藤はジャンプの高さ8メートルで滞空時間18秒。他の選手は平均7メートルで、8メートルの高さは世界でも1人か2人しかいない。

   伊藤「高ければ高いほど他の選手との差がつく。高さで滞空時間の差が1秒つけば1点の差がつき、自分にとってプラスだ。「前半の3回宙返りの連続から2回宙返りに入る1本目が他の選手より高さがあるし、そこを自分なりに見せることができれば、後半の流れもよくいける。そこを通過すれば、まず大丈夫と思う」

「Fly Away」鳥のように舞い上がれ

   伊藤が練習中にいつも聴いているのがEXILEのライブDVD。その理由を「お互い魅了することに関して一致している。一番好きなアーティストだから学べることがあるので」と話す。これに応えて、EXILEのMAKIDAIがこんなエールを贈った。

「お勧めの曲は『Fly Away』鳥のように舞い上がれ。ロンドンで華麗に舞い上がる姿を日本の皆さんに見せて下さい」

   キャスターのテリー伊藤「自信満々ですから、嬉しいね」

   伊藤「これからの人生が変わるので、僕はメダルにこだわりたい」

   もちろん金メダルと思うが、目的をしっかり捉えている伊藤の姿勢が頼もしい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中