2018年 7月 19日 (木)

小林よしのりAKB映画に感動「特攻隊のような一途さ。泣いてしまった」

印刷

   「ゴーマニズム宣言」などで知られる漫画家の小林よしのり(58)が、AKB48のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48」の感想をブログに書いている。「この映画はタブーを冒してしまっているのではないか? 本当にわしは参った」と出来栄えを絶賛している。

   1年を通して、メンバー一人ひとりの努力や葛藤を描いている作品だが、泣いたり笑ったりしながら前に進む彼女たちを、「ひたむきというか、純粋というか、一直線というか、まさに特攻隊の若者たちのような一途さだ」と言う。「何度も泣いてしまって涙をぬぐうのが大変だった」とも語っている。

「西武ドーム公演の陰で、前田敦子の、高橋みなみの、大島優子の、壮絶な姿を見て、わしは『推しメンなんかもう言いませんから許してください』と言いたくなった」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中