菅井円加さん「バレエ登竜門」優勝への頑張り!凄い努力家…

印刷

   若手バレエダンサーの世界的登竜門とされるスイスのローザンヌ国際バレエコンクールで、高校2年生の菅井円加さん(17)が優勝した。素顔は「自分に厳しく、すごい努力家」(バレエ教室の後輩)だという。

おねえちゃん見ていて「私もやってみようかな」

   15歳から18歳が参加できる若手バレエダンサーを対象にしたこのコンクールは、優勝者は世界の名門バレエ学校へ1年間の無料留学が認められ、留学中は133万円の生活支援も出る。菅井はクラシック(古典舞踊)とコンテンポラリー(現代舞踊)の両部門で9人の審査委員全員が1位をつけた。

不断の努力

   審査委員の一人で、1983年にこのコンクールで入賞した世界的ダンサーの吉田都は、「すべてに関してレベルが高かった。技術的なもの、表現もそうですし…。急に舞台に立って輝きだし、みなが注目するようになったのも、彼女が持っている力だと思う」と評価する。

   両親と姉の4人家族で、3歳からバレエを始めた。「上の娘がバレエを習っていて、『私もやってみようかな』という感じだった」(母親の賀子さん)。1日4、5時間の練習、帰宅が夜の12時ごろになることも多かったらしいが、弱音は吐かなかった。

国内コンクール総なめし、初の海外チャレンジ

   菅井が11年間通い続けている佐々木三夏バレエアカデミー(神奈川県大和市)の翠川ゆりコーチは、「泣いていたりすることもあったけどやめなかった。最後まで踊り続けることのできる子、本当に努力家です」と目を細める。教室の後輩にも「すごく気さくな人で、誰にでも仲よく話してくれる素敵な人。自分にきびしい努力家です」と評判いい。

   その努力が実を結び、15歳でこうべ全国洋舞コンクール、全国舞踊コンクール、16歳でザ・バレコン札幌、バレエコンペティションなど、国内のコンクールを総なめし、今回が初めての海外遠征だった。

   司会のみの・もんた「天性の才能があるんだろうけど、不断の努力も大事だったんだろうね。これからだよね」

   スポーツ界も含め中・高生の活躍が目立つ。数を少なく生み、ゆとりを持って才能を育む。少子化の効用なのだろうか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中