ローザンヌ国際バレエ圧勝!菅井円加17歳「自分が出せました」

印刷

   4日(2012年2月)にスイス・ローザンヌで行われた国際バレエコンクール決勝で、神奈川県の高校2年生・菅井円加さん(17)が1位になった。審査員9人の全員一致だった。日本人の1位は熊川哲也さん以来23年ぶりだ。

   このコンクールは15~17歳 が参加し、「将来性」を見て奨学金を出す若手の登竜門で知られる。今回は19か国から79人が参加、うち21人が決勝に進んだ。菅井さんは古典舞踊と現代舞踊の2部門とも1位で、海外大会は初めてだったが、圧倒的な表現力と伸びやかな演技が高く評価された。

「悔し泣きするけれど、音が止まるまで絶対やめない子だった」

   菅井さんは表彰の後、「出れただけで嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいです」と話し、「とくダネ!」の電話取材に「信じられなくて、ただただ嬉しかったです。実感がなかったです、最初は。いろんなプレッシャーがあったんですが、少しでも自分を出せたのでとても幸せです」と言う。

遅れたんだってね

   菅井さんは厚木市在住で私立和光高校の2年生。3歳からバレエを始め、大和市のバレエスクールに所属している。6歳の時から教えている翠川ゆり先生は、「よくがんばったなと思いますけど、びっくりもしてます。日本人は骨格的に不利ですよね」という。同時に「すごいがんばりやさんで負けず嫌い。泣くのは悔し泣き。やめちゃうかなと思うと、音が止まるまで絶対にやめない」とうれしそうだ。審査員をつめた吉田都さんは、「ダイナミック。音感も素晴らしかった。身体のコントロールというか、どういう動きにも対応して動けていた」と評価する。

   知らせを聞いて駆けつけた母の賀子さんは、「夢のようですね。普段はサバサバとして男の子っぽい感じ。1日中バレエ漬けが多い。本を読んだりDVDを見たりとかは欠かさない」という。優勝者はじめ上位8人には、有名バレエ学校やバレエ団への入学・入団が1年間無料で認められ、生活支援金約133万円が支給される。菅井さんは吉田さんがかつて在籍した英国のバーミンガム・ロイヤル・バレエ団を希望しているという。

伸びしろたっぷりの大物新星

   司会の小倉智昭「クラシックとコンテンポラリーと両方で優勝というのはすごい。熊川さんはいま芸術監督で『シンデレラ』を上演しているが、世界の一流と認められたのはれがきっかけだった」

   夏野剛(NTTドコモ元執行役員)「今の若者はすごい。しかも次から次からヒーロー、ヒロインが出てくる」

   熊川は「受賞はアーティストとしてのひとつの通過点であることを心に留め、世界に羽ばたくことを願います」とのコメントを送ってきた。

   田中大貴レポーター「英才教育というより、自らが学んだという感じがする」

   小倉が「最終日の打ち合わせに彼女は遅れたんだってね」と笑う。彼女は本当に伸びしろがありそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中