古村比呂、子宮頸がん手術「病気と向き合っていく覚悟ができた」

印刷

   女優の古村比呂(46)が2月2日(2012年)に「子宮頸部上皮内癌」の手術を受け、無事退院したと6日のブログで伝えている。早期に発見できたが、自覚症状もなかったので戸惑ったという。

「今は、この病気と向き合っていく覚悟が出来ました」
「これからは女性として授かった命を大切に、家族と共に実りある日々を過ごしていこうと思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中