2018年 7月 23日 (月)

モニバド羽鳥慎一まもなく1年―合いの手ばかりで中身なしはテレビ向き?

印刷

   赤西仁と黒木メイサ結婚の報道に、「オドロキました」と進行の小松靖アナが言う。と、司会の羽鳥慎一が「これはまず、オドロキましたね。エエって」とすかさず応じる。

   モーニングバードでの羽鳥の司会ぶりというのは、とにかくテンポ、リズムを優先しているようで、FMのDJを思わせるところがある。押し出しはよく、わりと穏やかで、さわやかそうで、好感度が高いのも納得だ。

やっぱり逸材という逆説的見方

   しかし、この欄としてはちょっと困った人物である。この番組の「座長」のお喋りから、ニュアンスや間やテンポをそげ落とすと、つまりは文字にした場合などだが、残るモノがないのだ。

オドロキました

   ワイドショーなどに出ている喋りのプロ、タレントには、大なり小なりそういう傾向はあって、テリー伊藤やみのもんたなども同様だが、羽鳥よりは文字になっても中身がある。オグラなどは、話を文字にしたほうがかえって興味深いくらいの司会者だ(なにしろ頭に目が行かなくて済む)。

   そう考えると、羽鳥は逆説的に言って、偉大な司会の先達以上にテレビ向きの逸材なのかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中