AKB48仲川遥香20歳に秋元康が「変わることを恐れるな」

印刷

   AKB48の仲川遥香が2月10日(2012年)に20歳の誕生日を迎えた。プロデューサーの秋元康がGoogle+で激励文を送っている。

   仲川は自分のことを「はるごん」と呼ぶ。ファンから「いつまでも変わらない"はるごん"でいて欲しい」という声が多くあがったことを受け、

「僕も仲川の天真爛漫さ、純粋さ、屈託のなさは好きです。変わらないでいて欲しい部分でもあります。でも、もう二十歳です。変わることで生まれる可能性を知って欲しい。この20年間、生きてきた意味を感じて欲しい。例えば、どこに革の鞄があるとする。買ったばかりのピカピカに磨かれた鞄もいいが、歳を重ねるごとに、傷がついたり、コーヒーをこぼしてしまったり、革が手垢で黒光りして来た、自分だけの鞄は素敵だ。歳を取るということは、まっさらだった自分に、自分だけの歴史が刻まれるということだ(原文ママ)」
「20年の傷や汚れや変色を、個性と言うのだよ。仲川、"はるごん"という言葉で封印するな。変わることを恐れるな」

   この言葉を受け取った仲川は、

「私も二十歳です。女性として素敵な人になりたい!もう子供ではつうようしない。大人としての自覚を持ってやらないといけないと思ってます。今まで、はるごんってあだ名に甘えていた気がします。もぅどうしていいか分からなくなったときもあります。一歩踏み出せばいいのに踏み出せないんです。一歩踏み出すのが怖いです。でも踏み出さなかったらいつまでも変わらないままなんです。二十歳という年を素敵な年にするためには一歩踏み出す!そしてそのふみだす勇気を持って行きたいと思います(原文ママ)」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中