しずちゃん全日本優勝「きょうは泣いていない」今はボクシング最優先

印刷

   お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと山崎静代(33)がおととい11日(2012年2月)、広島で開かれたボクシングの全日本女子選手権で優勝した。5月の世界選手権で8位以内に入ればロンドン五輪への道が開ける。

   「とくダネ!」はこの270日間、 ボクシングに挑む彼女を追ってきたが、去年6月の韓国、7月のインドネシア、9月の台湾とスパーリングや試合で負けるたびに泣いていた。今回だけは「泣いてないでしょう」と笑った。

重いパンチ決まり「26対11」の判定勝ち

   芸能活動とボクシングの両立は並大抵ではない。全日本の2日前の早朝、梅津正彦トレーナーと時計を見ながらトレーニングするしずちゃん。2時間後には舞台に立っていた。終わった後も酸素カプセルで体力を回復し、その後は再び仕事、終わってからまた練習、そんな毎日だ。

ロンドンで応援したい
「お金を払って来てくれている人たちに失礼なことはできない」

   去年までは仕事の合間に練習だったが、オリンピックが迫る新年は特別な年となる。暮れに「人生で2度とない最初で最後の半年なので、ボクシング中心の生活を送らせてもらおうと思ってる」と語っていた通り、新年から仕事をセーブし、ハードなトレーニングで自分を追い込んでいた。

   そして全日本選手権。ミドル級の出場選手は3人で、しずちゃんはクジでシードになり、最初から決勝だった。相手の鈴木左弥子選手(30)はボクシングは3年目だが、ライフセービングの世界選手権にも出ていて身体能力は高い。梅津トレーナーも皮膚がんの手術を延期して試合に臨んだ。試合は一進一退だったが、パンチの重いしずちゃんは第2ラウンドにスタンディングダウンを奪って差を付け、そのまま押し切った。判定は26対11だった。

「あー、勝ったと嬉しかった。今日は初めて泣いてないです。でも、今のレベルじゃ世界では通用しないので、もっと強くなりたい」

   ロンドンへの可能性だが、世界選手権8位なら文句なしだが、それ以外にも、3月のアジア選手権の成績次第で大陸枠推薦という可能性もある。

「これまでと受け答えが違って来た。芸能人ではなくアスリート」

   取材した中野美奈子アナは「去年と受け答えが違って来た。芸能人ではなくアスリートになった」と話す。

   司会の小倉智昭「仕事との両立も大変で、止めたらという声もあったんでしょう」

   山崎「ありました」

   小倉「ボクシングへの思い、何がそうさせるの」

   山崎「自分で決めたというのと、一緒にやってくれる先生方に応えたくて」

   小倉「以前、梅津さんは厳しいこと言ってました。なかなか本気になってくれないとか…」

   山崎「性格がのんびりしたことがあって」

   中野「勝ったことで自信がついてたのではないですか」

   山崎「もっといいところを目指したい」

   小倉「がんばってください。できればロンドンで応援したものなぁ」

   世界のレベルは高いからね。しずちゃん、もう少しスピードが出るといいのだが。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中