ホイットニー急死2日前にケンカして血だらけ―米紙が写真掲載

印刷

   ホイットニー・ヒューストンが死んだ。48歳 だった。きょう13日(2012年2月)はグラミー賞の授賞式。そのレッドカーペットを歩いているはずが、その前夜にロサンゼルスのホテルの浴槽に沈んでいたという。発見された時はすでに心肺停止状態だった。

精神安定剤や睡眠薬など4種類の薬を服用

   ニューヨーク支局の長谷川豊アナによると、新聞は「ポップのクイーン死す」「荒々しい結婚が転落の始まり」「復帰を望んでいた」などと報じっているという。芸能情報サイト「TMZ」は、イベントの準備でシャワーに浴びていたが、時間が長いので関係者が入ってみると浴槽から足の先だけ出ている状態だったという。

好きな歌手

   長谷川「精神安定剤や睡眠薬など4種類の薬を服用していたが、これに酒が入ったともいわれる」といった。ホイットニーはもう10年 以上ドラッグの話がつきまとっている。死因は不明だが、長谷川は「検証の詳しい結果が出るのは4~6週間先になる」という。

   司会の小倉智昭「好きな歌手だったが、結婚してからおかしくなった。2年前の日本のツアーでもよくなかった。高音が出なくて。何があったのか」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)は9日のイベントで女性歌手と歌っている映像を出して、「このクラブを出たあと、別の女性とケンカしたらしい」という。新聞には、腕や足に血が付いたホイットニーの険しい表情の写真が載っていた。事故のあと搬送される写真もあった。大勢が付き添っていて、デーブは「部屋はスイートで、友人も親戚もいたから、マイケルのときとは違う」という。

ボビー・ブラウンと結婚キッカケに自暴自棄

   1985年にデビューして、7枚のCDが連続全米1位。1991年のスーパーボウルで歌った国歌は、今もって史上最高といわれる。90年代前半、ケビン・コスナーと共演した「ボディーガード」が大ヒット。主題歌は世界で4000万枚、日本でも280万枚を売った。グラミー賞を6回も受けている。

   しかし、米紙がいう通り、ボビー・ブラウンと結婚したあとおかしくなる。大麻所持で逮捕されたりリハビリを逃げ出したりと、お定まりの道をたどった。2年前の再起ツアーでは高音が出ず。オーストラリアでは2曲で息切れして、「最悪のライブ」と酷評された。最近は自己破産との報道まであった。

   小倉「絶頂期の東京ドームがすばらしかった。悲しいけど、聴きまくりますよ」

   音楽とはそういうものだろうね。スキャンダルは別のことなんだから。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中