ホイットニー自滅死「トップにしかわからない孤独、不安、焦り」

印刷

   11日(2012年2月)に48歳で急死した米国の歌手ホイットニー・ヒューストーンの死亡時の状況が少しずつわかってきた。プロデューサーの菊地茂広がロサンゼルスの現地から最新情報を伝えた。

   ホイットニーは11日、ビバリーヒルズのホテルの浴槽で発見されたが、その直前までグラミー賞受賞式前夜のパーティーに出席するために準備をしていた。部屋にはヘアメイクやボディガードなど関係者がドア1枚隔てたところにいたが、約1時間たっても浴室から出てこないので、心配して浴室に入ったところ、異変に気づいたという。

前日のパーティリハーサルでもひどく酒臭い状態

   司会の加藤浩次が電話で菊池に聞く。「部屋には薬物があったようですが」

復活の可能性あった

   菊地「鎮静剤とか精神安定剤の類のものが複数見つかったといわれています。いつ服用したかについては、まだなにも情報はありません」

   加藤「お酒を飲んでいたという情報はありますか」

   菊地「亡くなった当日に飲んでいたという情報はないのですが、前日の午前中のパーティーのリハーサルに、非常に酒臭い状態で現れたということです。その夜もかなり飲み歩いた様子で、その映像は複数のテレビで次々と公開されています」

マイケル・ジャクソンも追い込まれた「心の穴」

   菊地の情報を受け、加藤が薬物の影響についてコメンテーターの香山リカ(精神科医)に聞く。

   香山「処方されたものなら、それだけで心臓や呼吸が停止してしまうことは考えにくい。ただ、大量にアルコールを飲んでいたとすれば、深く寝入ってしまって風呂で溺れてしまうこともあるかもしれない。違法なドラッグとお酒の組み合わせなら、それ自体で呼吸が停止してしまう可能性もあります。それにしても、マイケル・ジャクソンもそうだが、トップの人にしかわからない孤独、不安、焦りで心の中に穴があいてしまう人はアーティストの中に結構いますよね」

   キャスターのテリー伊藤「スポーツ選手やミュージシャンなどスーパースターが自滅することはある。スポーツ選手がそこから復活するのは非常に大変だが、ミュージシャンの場合は復活の可能性があったのに、惜しかった。彼女はマイケル・ジャクソンの生きざま、死にざまを目の当たりにみていたのに」

   加藤「その足掛かりとしてグラミー賞の前日に歌うという舞台が用意されていた」

   テリー伊藤「そこで復活となったかもしれないのに」

   惜しむ思いは尽きない。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中