2018年 7月 22日 (日)

「ガガ」肥満で拒食症に悩んだハイスクール時代告白

印刷

   華やかなスポットライトを浴びて、怖いもの知らずに見える超セレブなレディー・ガガが、実はハイスクール時代に拒食症に苦しんでいた。ロサンゼルスのブレントウッド・スクールで行われた若い女性向けのカンファレンス「It's  Our Turn(私たちの番)」にサプライズゲストとして登場したガガに、質疑応答の際、体型に悩むある学生が「好きじゃない自分の体型をどうやって受け入れたらいいか」と質問した。これにガガは自分が拒食症だったことを告白したのだ。

カロリーたっぷりのミートボール食べては吐いていた

「ハイスクール時代の私はいつも食べ物を吐いていたのよ。自分の体型に自信なんてなかった。スリムで小柄なバレリーナみたいな体型に憧れたけれど、実際の私はボリュームたっぷりな体型のイタリア人少女で、毎晩、家で出される食事は(カロリーたっぷりの)ミートボールだったりしたんだから…」

   吐いてばかりいれば、当然、喉を痛める。歌手としては致命的だ。治療を受けたが、いまだ自分の体型を納得できないでいるという。正直な告白に、「ガガも普通の悩める女の子だったんだ」「親近感がわく」「意外と真面目」など、女性ファンから好意的な反応が相次いでいる。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中