中島知子「家賃滞納裁判」出廷せずー開廷通知書面も返送

印刷

   何やらカルト映画でも見ているような案配だ。タレントの中島知子(40)の家賃滞納をめぐる裁判が14日(2012年2月)に始まったが、本人も関係者も出廷しなかった。

   家賃の滞納は2つあって、口頭弁論が始まったのは個人事務所となっている渋谷区のマンション。月39万円の家賃を6か月、利息なども入れると家主の請求額は646万円という。しかし、口頭弁論には中島側は出廷しなかったばかりか、裁判所が送った開廷通知の書面も戻って来ていたという変な話になっている。

「この件については警視総監と話をしている」もはや支離滅裂

   問題のマンションは中島の方から昨年9月30日に引き払うという連絡があったが10月15日に延期し、さらに19日に延期 した時は「自宅で盗難事件があって、警察が引っ越しはできないといっている。この件は警視総監と話をしている」という妙な説明をしていた。ここには中島が同居しているという占い師の母親、叔母、叔母の長男が住んでいて、 母親と叔母は毎朝歩いて近くの中島の自宅マンションへ通っている。テレビが追いかけたが質問には答えない。

丸裸にされてる

   一方、中島の自宅マンションは俳優の本木雅弘の所有で、こちらも家賃滞納で今月10日に訴えられた。本木の義母にあたる女優の樹木希林が取材に答えた。

   「提訴は(中島の)親御さんから頼まれて」という。中島を占い師から引き離すにはこれしかないと言われたという。「(中島は)心が病んでいる。(占い師の)家族がいてその奥には深い闇がある。それが知りたい。教えて」と樹木は話す。

自称占い師一家が食い物

   中島は2005年に俳優と別れた後、人生相談で占い師と知り合ったらしい。08年頃から占い師と同居を始め、占い師のマインドコントロール下にあるといわれる。昨年、家族が人身保護を訴えて入院させたが、また戻って連絡のないまま芸能活動も休止した。

   芸能デスクの前田忠明「なぜこんなに長いことごたごたしてるかというと、何ひとつ事件になっていないから。家賃滞納だけなんです。しかし奥は複雑で、占い師との関係、中島さんの心の問題にまでいたっている」

   司会の小倉智昭も「弁明も支離滅裂で、中島さんの言葉とも思えない」

   占い師の大分の実家には祖母が住んでいたが、「音信不通だ」という。かつて人手に渡っていた家を09年頃に買い戻している。中島と占い師が同居を始めた後だ。

   小倉「(中島さんは)丸裸にされている」

   そして、なぜか民主党の有田芳生参院議員までが「去年の夏の段階ですっからかんに吸い上げられている」という。となれば、これはやはり事件ではないのか。詐欺か横領か。メディアが大いに突っついていい。大分の金の動きについては税務署。マインドコントロールと人身保護で警察はどう見ているのか。ただ騒いでいるだけじゃダメだ。とりあえずは裁判がタヌキを穴からいぶり出すことになるのかどうか。判決は28日だそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中