秋元康「ファンのコメント読んでます。捨てゼリフには悲しくなる」

印刷

   AKB48プロデューサーの秋元康が2月16日(2012年)にGoogle+でファンへメッセージを送っている。

   秋元はスタッフへの業務連絡をGoogle+で行い、全世界に公開している。ファンから「なぜ大事な連絡をここでするのか」と聞かれた秋元はこう答えた。

「メンバーやファンのみなさんに、今のAKBを伝えられる範囲で、伝えたい。言いたいことや答えたいことはいっぱいありますが、すべてを伝えるはできないので、こんな感じですと...。それから、業務連絡をすることによって、いろいろなスタッフが情報を共有してくれればいいなと...。一斉メールを毎回するのは大変ですから」

   ファンからGoogle+に寄せられたコメントは必ず読んでいるという。「耳が痛い話や参考になる話、ああ、本当は違うんだよなあと反論したくなる話、面白く読ませて貰っています」

「いろいろな意見をいただくのは嬉しいですが、前向きな意見にしようね。どうせだったら、みんなでAKBグループを楽しみましょうよ。時々、捨てゼリフみたいなコメントがあると、悲しくなるね。この人は、何の目的でここに書くのだろうと。誰もしあわせにならないのに」
「いやいや、前向きな批判は受けますよ。たいていは、みなさんの意見が正論です。とにかく、楽しくやろうぜ!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中