ヤンキースから契約解除 岡島秀樹「悔しい」

印刷

   大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を交わしていた岡島秀樹投手が2012年2月17日、契約を解除された。球団による身体検査の結果、異常が見つかったとされる。

   岡島は2月18日のブログで「残念です。これからって時に…」と悔しさをにじませた。2007年にボストン・レッドソックスに入団し、活躍してきたが.昨シーズンは不調。レッドソックスのユニホームを脱いでヤンキースで心機一転、メジャー再昇格を目指そうとしていた矢先の出来事だ。本人にとっても突然だったようで、

「ブログを書いてるだけで、悲しくて、悔しくてって思います。何を書いていいのか、わからないな。涙が出ちゃいますね」

   と心の整理がついていない様子。それでも、今後の「吉報」を信じて「いつでも投げれる準備をしておきます」と自らを奮い立たせていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中