ホイットニー死後も印税40億ドル(3200億円)―心配な家族・親族争い

印刷

   ホイットニー・ヒューストンの葬儀が18日正午(日本時間2012年2月19日午前2時)過ぎから、故郷のニュージャージー州ニューアークの教会で営まれ、葬儀の模様を阿部祐二リポーターが伝えた。

「葬儀に招待されたのは友人や知人など生前に親交のあった約1500人で、限られた人だけで執り行われました」

葬儀でケビン・コスナー嗚咽「不安がってたボディガード出演」

   葬儀会場はホイットニーが少女時代に聖歌隊の一員として過ごした教会だ。歌手のスティービー・ワンダーがピアノの弾き語りを披露したが、予定では1曲のはずが2曲歌った。また、映画「ボディガード」で共演した俳優のケビン・コスナーが声を詰まらせながら弔辞を読む。

争いは止めて

   阿部「コスナーさんがボディガードの共演にと彼女を誘ったとき、自分に演技ができるのかと不安がっていたエピソードも明らかにしました」

   コメンテーターの杉山愛(プロテニスプレーヤー)は「私が生まれて初めて見たコンサートがホイットニーさん。その時の印象がいまだに残っています。本当に惜しい人を失ってしまった」としんみり。

いまだ死因特定できず

   キャスターのテリー伊藤は「彼女はお金がなかったといわれているが、死んだ後も印税が入るわけで、その額は30億ドル(2400億円)とも40億ドル(3200億円)とも推定されている。この印税を巡って、残された家族の間で争うことだけは止めて欲しい」と話す。

   阿部「死因はまだ特定されていません。ただ、ホテルの部屋の水が張られた浴槽に倒れていたのは明らかになっています」

   勝谷誠彦(コラムニスト)「マイケル・ジャクソンも変な死に方をしている。そして今回も。死因は薬物とかアルコールといわれているが、富も名誉もある人たちがそういう死に方をするのは止めて欲しい。惜しいことで、薬物などに手を出さないでとお願いしたい」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中