春風亭小朝「芥川賞『共喰い』読みました。文章が多少ギクシャク…」

印刷

   落語家の春風亭小朝が芥川賞を受賞した田中慎弥氏の「共喰い」の感想を20日(2012年2月)のブログにつづっている。

   いずれ映画化されることを想定しながら読んだそうで、「父親の役なんて、若い頃の三國連太郎さんがやったら、松永裕美さん(プロボウラー)ばりの真ん中ストライクって感じ」だそうだ。

   ただ、本自体の感想は「面白く読みましたけど、文章が多少ギクシャクしていた」と言っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中