終わり近い「どや顔サミット」おネエ恋愛話なんてだれが見る!?

印刷

「Oh!どや顔サミット」(テレビ朝日)2012年2月17日21時~

   この番組、もはや迷走しているとしか思えない。先週は、若手デブ芸人が吉川メソッドというダイエット法で痩せるなどというダイエット企画、その前は芸能界年の差カップル特集だった。ほかにもスターの好物を紹介したり、美魔女を崇めてのアンチエイジング特集だったりと毎回、内容が異なり落ち着きがない。
   で、今回は「おネエの人生で一番燃え上がった恋の話を披露しちゃうわよSP」。集まったオネエはIKKO、はるな愛、ミッツ・マングローブ、KABA.ちゃん、真島茂樹、小椋ケンイチ、マロン、山咲トオル。よくもまあこれだけオネエがいるもんだ。こんなにオネエをもてはやしているのは日本くらいものじゃないだろうか。しかも、そんなオネエに恋愛話を語らせるってそんなものを好き好んで見る視聴者がいると本気で思っているとしたら救いようがない。たとえば、はるな愛。昔の彼が「プリティウーマン」のような扱いをしてくれて、ラブラブだったが、ある時、実家にはるなの本名、大西賢示名義で銀行から3億円借り入れた書類が届けられて仰天。弁護士に相談し、ことなきを得たとか。
   この話ははるながテレビに出始めた頃から何度となく喋っていて今更驚くことでもないし、ほかの話も同様。そもそもこの番組自体、番組MCのダウンタウン浜田が以前やっていた「イチハチ!」に酷似してきた。ということはこの番組も終わりが近いか?!

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中