NHK元委託カメラマンに無期懲役求刑―金沢の主婦殺害裁判

印刷

   金沢市の主婦福田春奈さん(当時27歳)を殺害、内灘町の海岸に捨てた容疑に問われているNHK金沢放送局の元委託カメラマン若生康貴被告(36)の裁判で、検察側は23日(2012年2月)、無期懲役を求刑した。

   起訴状によると、若生は昨年2月(2011年)、福田さんから投資目的で受け取った800万円の返還を迫られ、首を刃物で刺して殺害して海岸に捨てた。若生の車やベストから福田さんのDNAと一致する血痕が検出されたという。

   これに対して、福田は捜査段階から容疑を全面否認、公判でも福田さんを通して若生に金の返済を迫っていた男がいて、その男の犯行の可能性が高いと主張している。

   検察側は求刑で「若生が犯人であることは明らか」とした。凶器が発見されていないなど物証が乏しく、裁判員の判断が注目される。判決公判は3月2日。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中