浅野真澄「声優を珍しいものでも見るように…それが不快」

印刷

   声優の浅野真澄が2月23日(2012年)、ツイッターで「hibiki当千(浅野が出演するWebラジオ)聴いてると『声優として応援して欲しいけど恋愛相手結婚相手としては見ないで』っていうすっごいアンビバレンツな要求をしているようにしか聴こえないんですが?」とフォロワーから指摘を受けた。それについて自分の考えを語っている。

「そうじゃなく『とにかく「声優さん」と結婚したい』って要望が不快だって話だよーw」
「例えばけっこう親しくなったスタッフさんと、いろいろお話したあとに『いやあ、今日はぼく、はじめて「声優さん」とこんなに長くしゃべっちゃいましたよ~』と言われた時の、失望感。パンダが笹を食むのを見てるみたいな気持ちで話していたのかしらん、とさみしくなる。職業は私の一部だっつーのw」

   フォロワーからは「そんなの声優さんじゃなくてもみんなそうですよね。相手の職業が○○だから結婚したいとか・・・あなたが好きなのは誰なの?ってなります」「やっぱりメディアに露出する面が多いので、ちょっと次元の違う人だと思われてしまうのは仕方ないのではないでしょうか。それでも話しやすくて親しくなれたってことで、そういうことを他意なく言ってしまうのでは」など、さまざまな意見が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中