お騒がせリンジー・ローハンで大丈夫!?エリザベス・テーラー役に挑戦

印刷

   次から次へと不祥事を起こし、一時は再起不能とまで言われていた女優のリンジー・ローハンが、映画「クレオパトラ」(1963年)撮影時の女優エリザベス・テーラーとリチャード・バートンの恋を題材にしたTV映画「リズ&ディック」(仮題)のエリザベス・テーラー役を手に入れたようだ。

クランクアップまで何が起こるかわからない

   もう怖くて誰も使いたがらないトラブル女優も、昨年末(2011年)に発売された男性誌プレーボーイ・マガジンのヌード写真が発売前から流出するなど大きな話題となったことで、女優としての価値が再び上昇。3月3日には5年ぶりに人気バラエティーショー「サタデーナイト・ライブ」に出演することも決まっている。

   「リズ&ディック」のエリザベス・テイラー役に強い意欲を見せているリンジーだが、起用の正式決定、もっと言うと撮影が終了するまで安心はできないと誰もが見ている。最初のハードルは保護観察期間を無事に終えること。幸い最近の彼女は昨年11月に課せらた社会奉仕活動をまじめにこなしているようだ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中